008_P3_02

とことん楽しんで、自身の文化を創る感覚を味わってほしい

水戸駅北口から歩いてすぐ、水戸東照宮の赤い鳥居近くにロックなお店が軒を連ねていた。
中島雄介さんが代表を務める大内本舗。その起源は、渋谷パルコに次いで日本で二番目のファッションビルとして1978年、水戸に誕生したサントピアにあった。当時は大内商店という名で親しまれていた。

「サントピアの中に、サウスコアというライブスペースがあって、そこでライブをするのが、水戸のバンドマンにとって憧れでした。当時高校生の僕はバンドを組んでいて、ライブもあるのでオシャレにも気を遣いたかった。でも、サントピアに入っているお店はハイブランドが多くて、なかなか手が出せず…そんなとき出会ったのが、大内商店なんです。安くても決してハイブランドのお店に引けを取らないぐらい、カッコいいものを扱っていたので、よく入り浸っていました。大内商店で買った服をライブで着る。ある意味ライブはファッションを披露する場だったんですよ」

008_P2

自身のルーツを振り返りながら、中島さんは続ける。
「今じゃ音楽とファッションにハマってこの仕事をしてますけど、昔は音楽とファッションを切り離して考えていましたね。音楽はビートルズやローリングストーンズが大好きで、でもだからといって、彼らの格好を真似しようとは最初は思わなかったですね(笑)」

DSC_8472-1

自分の文化を創っていく感覚を
味わってほしい

「あるとき、『さらば青春の光』という映画を観たんです。そこに出てくるのが、いわゆるモッズ系ファッションで、試しに着てみたらすごくしっくりきたんですよ。水戸でモッズ系を着てる人なんていなかったんで、それで歩いているだけで優越感みたいなものがありましたね。自分が新しい世界を切り開いているんだ、みたいな(笑)」

この頃から音楽とファッションが融合し、今の中島さんを形成しているのだ。

「今こうして、自分が若い人たちに色々と伝えていく立場になって、彼らには音楽やファッションを通して、自身の文化を創っていく感覚を味わってほしいと思っています」

008_P7

ロック好きはエコロジーだとも
言えるんですよ。

「ロック好きはエコロジーだとも言えるんですよ。一旦お気に入りになったら、直してずっと着続けるんですよ、ロックファンは。それを買ったときの想いもまとめて服に染み込んじゃってるから、なかなか捨てられないんだよね。20年同じものを着てるなんてざらだもん。長持ちするっていうのは、品質だけの問題じゃないと思うんですよね。どうやって、着続けたいと思うほどのお気に入りになるかっていう、背景が実はとっても大切なんです。」

なるほど、確かにそれはエコロジーかも。そういえば、最近買った服を思い返すと、20年着続けられるような想いは注入できてないような気もする。

DSC_8294-1

体温を感じる関わりの中で
愛せる服を選んでほしい。

「ネット通販やファストファッションもいいと思います。ぶっちゃけ僕も買っちゃいますしね。でもね、深く関わっていく中で好きになる服っていうのもあるんです。その服の背景にある世界観と、自分の感性との接点を見つけてあげられれば、こんなに嬉しいことはないんですよ」

DSC_8492-1

さて、そんな熱い想いを胸に秘めた中島さんが、水戸で仕事を続けるのはなぜ?

「これは笑い話なんですけどね、自分以外のバンドメンバーが高校卒業後にみんな東京に出たんです。そのとき、メンバーから『水戸のことはお前に任せた』なんて言われちゃって。かなり使命感を感じましたよ(笑)」

「東京が発信する文化に対して競争心はありますけど、僕は水戸でやっていくと決めたので、変に東京を意識せず、僕なりに楽しんでいこうと思ってます。『水戸を盛り上げようぜ』っていう熱意も大事ですけど、結局はひとりひとりが楽しんでいれば、自然と人が集まる場ができる。水戸にはそういう人がたくさんいるような気がします。今をとことん楽しむことで、人生を変えるような出来事がいつかやってくるのかも。僕が若い頃、大内商店に出会って、今までずっとお世話になっているみたいに」

008_P5

水戸のロックシーンを支えてきた老舗「BABACOOL」をはじめ、ブリティッシュな「Liquid」やアメリカンな「HonkyTonk」、レトロ&パンキッシュなレディース「BABACOOLⅡ」と、大内本舗は4店舗を経営する。

「もともとウチは若者向けの店なんですけど、1960~70年代のジャンクロックを標榜する、当時の“若者”もたくさん来てくれますね。良い意味で『大人げない大人』たちの溜まり場みたいになってるんじゃないかな」

まずは中島さんがつくってきたこの温かい空気を吸いにいくだけでも、値打ちもんだと…いや、たぶん買っちゃうと思う。

008_P6大内本舗

緯度経度で指定
大きな地図で見る

住所:水戸市宮町2-3-33

TEL:029-224-7878

海外への買い付けは「想い」を仕入れるために 水戸に住むみんなと一緒じゃないと実現しえないんです

過去の記事

みとの魅力に出会えるナビアプリ 水戸のこと

好評配信中!