25_P01

大好きな水戸の良さをもっとたくさんの人に伝えたい!

水戸ご当地アイドル(仮)が、ご当地アイドルのNo.1決定戦「U.M.U AWARD 2013」で見事優勝を勝ち取ったのは記憶に新しい。

時は経ち2015年、彼女たちは新メンバーで心機一転、次のステージを目指していた。
「アイドルだから歌って踊れるのは当たり前、新しいメンバーで、今までとは違うご当地アイドルをつくっていきたいです」
リーダー兼ダンス部長のるかさんは明るく人懐っこい。

25_P02

候補生として加入したのが2014年4月、そして翌月には正規メンバーとしてステージに立ったという指折りの実力を持っていたるかさんは、当時のことをこう話していた。

「水戸ご当地アイドル(仮)のメンバーとしてデビューした時の感動はすごかったです!『うわー!横にいる!横にいるよ~!』って(笑)あれから1年、たくさんのイベントに呼んでいただいたり、貴重な経験をさせていただいたり…あっという間の1年でした」

11717384_693177094121277_4041906220240636942_o

「U.M.U AWARD 2013で優勝したというプレッシャーはありましたけど、今はもうふっきれました(笑)これからは、先輩方から学んだことも活かしながら、新しいことにもどんどん挑戦していきたいです。今のメンバーだからこそできることがあると思いますし。パフォーマンスのレベルももっとあげてキレッキレのダンスも見てもらいたいですね!」

25_P04

大好きなところがいっぱいなんです!

「私の体は、納豆と梅と水戸のエキスでいっぱいです(笑)大好きなんです、水戸が!人もあったかいし、おいしいものもたくさん。私たちの曲の中に『茨城おいしいパラダイス』という曲があって、水戸や茨城のおいしいものを52種類も紹介しています。水戸のご当地アイドルですから、水戸の良いところをもっともっといっぱい伝えたいですね!

25_P05

「ライブのMCで、『いばらきしってっけ?クイズ』をやることがあるんですよ。さて、ここでみなさんに問題です!『あんこうの七つ道具』とは、あんこうを捌く道具とあんこうの部位、どちらのことでしょうか?どっちでしょうどっちでしょう?」
と茶目っ気を見せながら、地元愛あふれるトークを繰り広げてくれた。ちなみに正解は「部位」。

25_P07

「思い出の場所は、高校時代に毎日通った桜川です。春は桜がキレイだし、夏は新緑と涼しげな水面、秋はコスモスが咲いていて、冬は桜川越しに見る夕日が本当に好き!見ていると安心する風景なんです。みんなにも見てもらいたいですね」

25_P08

彼女たちのこれから

「水戸をもっともっと人の集まる場所にしたい!そのためにはまず、私たちが水戸のことをもっと知って、メンバーそれぞれが、水戸の良さを濃く紹介できたらいいなって思ってます。もちろんパフォーマンスに磨きをかけるのも忘れません!休みの日でも、家でダンスの練習をしたり、カラオケに行ったり、とにかくずーっと水戸ご当地のことしか考えてないです!」

「ファンの方の期待にも応えたいです。よく『元気をもらったよ、ありがとう!』って言ってもらえるんですが、逆なんです!私が頑張れるのは、ファンの方たちが応援してくれるからなんです!その恩返しという意味も込めて、いつかは茨城県民文化センター大ホールの舞台に立ちたいです!」

これからの水戸を背負っていく水戸ご当地アイドル(仮)。大好きな夕暮れの桜川を背にたくましく語るその姿は、とても輝いていた。

DSC_1636-1

水戸ご当地アイドル(仮)
■Twitter:@mito_idol
■問合せ:mail@mito-idol.kirara.st(水戸ご当地アイドル実行委員会)

緯度経度で指定
大きな地図で見る

住所:水戸市桜川(撮影場所)

水戸で生まれたプロジェクトが、全国でも育っていくと・・・ 今日はブレイクします。

過去の記事

みとの魅力に出会えるナビアプリ 水戸のこと

好評配信中!