23_P14

キラキラシャミセニスト!? 21歳の実力派三味線奏者

「3歳のときに、三味線の野外ステージを初めて見たんです。でも最初は、『三味線をやりたい』というよりも、『マイクを持ちたい!ステージに立ちたい!』という気持ちの方が強かったのを覚えています」

津軽三味線奏者の川嶋志乃舞さんは、小学一年生のときに全国大会へ出場、中学一年生までに3度の日本一を獲得した。さらに2014年には、デュオの部で4度目の日本一に。弱冠21歳にして、群を抜いた実力の持ち主である。

shino-06-1

3歳で弟子入りしたという川嶋さんの師は、佐々木光儀さん。太鼓やお囃子・唄を学び、5歳から本格的に津軽三味線を習い始めた。

「師匠は自らのご活躍はもちろん、上妻宏光さんやはなわちえさんのように世界でも有名なアーティストを育成されています。『芸に定年退職は無い!』がポリシーなんですけど、一方で弟子をのびのび育てるんですよ。私も小さい頃から温かく見守っていただいているので、もう一人のお父さんみたいな存在ですね!」

shino-07-3

根っからのパフォーマー気質

「“表現する”ということが好きだったんですよね。絵を描いたり、写真を撮ったり、文章を書いたり…。小学校高学年の頃には作曲も始めていて、高校時代にポップスも作りました。あ、ダンスもやってました!」

そんな彼女のもうひとつの顔は、東京藝術大学の大学生。
「邦楽科に通っているんですけど、周りからは『邦楽科っぽくないね』って言われます。キャップをかぶって変なTシャツを着ているのは、珍しいみたいで(笑)自分では普通だと思ってたのに、やっぱり私、結構変わっているみたいです。友達に言われて気づきました!」

しかし、三味線を持つと一変。そんな日常とのギャップも、彼女の魅力のひとつなのだろう。

23_P06

最初のファンとの二人三脚

今や茨城県内外を問わず、世界でも活躍の幅を広げる川嶋さん。だが、彼女の活動を支えるのは、マネージャーの遠藤さんだ。

二人の出会いは、「今どきの女の子が三味線を背負う姿に興味を持った」と遠藤さんが話しかけたことから。遠藤さんは、川嶋さんに出会ってから和楽器・邦楽の良さを知った、彼女の最初のファンでもある。

未来に向かって進んでいくアーティストたちが太陽のように輝き、世界を照らせるようサポートするという思いを込め、二人で立ち上げた事務所Harelu-Arts
お互いに夢を共有しながら、いつも二人三脚で支え合っている。

12310083_948819005192819_6159517872587039347_o-4川嶋さんの生誕祭イベントでの1枚(左下がマネージャーの遠藤さん)

2014年11月には、水戸市からみとの魅力宣伝部長にも任命された。
「私の心の拠り所は水戸なんだなって、いつも思います。師匠の稽古場も母校も水戸、そして今のの音楽活動で大きく躍進できたきっかけも水戸なので。だから、水戸に来てくださった方に楽しんでもらえるよう、私も磨きをかけなきゃ。そして、水戸や茨城への恩返しに、もっともっとビッグになります!」

DSC_9425-3

サブカルチャーからメインカルチャーへ

2015年2月に日本武道館で開催されたみんなの夢AWARDでは、様々なアーティストとコラボしてパフォーマンスを披露。
そして6月には、「MATSURI JAPAN-バルセロナ祭りプロジェクト-」に邦楽チームの津軽三味線代表として参加し、スペインの観客を沸かせた。

そんな快進撃を続ける川嶋さん、今後の目標は?

11130997_827355124005875_1479638534_o-1日本武道館でのステージの様子

「伝統的な古典邦楽や和楽器の魅力を、私と同年代の方をはじめ、たくさんの方々に伝えたいです。それと、日本のポップカルチャーの良さも伝えていきたいです!私、アイドルとアニメが大好きなんですよ!アニメは日本が世界に誇る文化だし、アイドルは見てて可愛いのはもちろん、頑張っている姿が励みになるんですよね」

11087035_827355547339166_1271586064_n-3アニメのキャラクターに扮してステージに立つことも

「私は、邦楽とカワイイをミックスさせた新ジャンル“ニッポンカワイイカルチャー”を提唱しています!ちなみに、1stシングル『ナデシコステップ』のジャケットの絵は私が描いたんですよ!曲も、伝統芸能とポップキュートを合わせた軽快なダンスナンバーなので、ぜひ聴いてくださいね!

無題

「目標は、東京オリンピックの開会式で演奏すること!バックスクリーンにオリジナルアニメーションが流れる舞台で、三味線や和楽器を演奏して日本文化を発信できたら面白いなって思うんですよ」

彼女なら本当にそんな未来を実現できるんじゃないか。
そう思わせるほど、クールジャパンを強力に後押しする、超現代っ子だった。

shino-04-1川嶋志乃舞
■Twitter:@nochyaxxxy
■ブログ:http://ameblo.jp/duckchan109/
■問合せ:http://shinobu-kawashima.com/

FMぱるるん『ニッポン キラキラジオ』
毎週火曜日20:00~21:00
川嶋さん独自の視点と感性で、様々な日本文化について探究していく番組。

緯度経度で指定
大きな地図で見る

住所:水戸市笠原町1151-2-201(Harelu-Arts)

TEL:029-357-0248

ラーメンにかける熱い気持ちが、俺をここまで成長させ・・・ ビバ!メヒコ!!色鮮やかな世界観を届けたい

過去の記事

みとの魅力に出会えるナビアプリ 水戸のこと

好評配信中!