DSC_7503-1

ビバ!メヒコ!!色鮮やかな世界観を届けたい

水戸京成百貨店の裏通りを歩いていると、ピンク色に染まった、ひと際鮮やかな建物が目に入る。

「直訳すると“メキシコのバラ”だけど、メキシコの乾いた大地に太陽が映える色“メキシカンピンク”という意味もあるの!」
と語るのは、メキシコ雑貨店LA ROSA MEXICANA (ラ・ロサ・メヒカナ)のオーナー・大嶋ユカさん。

DSC_7382-1

「アートといえば、大概の人がイタリアやフランスをイメージすると思うんですけど、鮮やかな原色が好きだった私にとってのアート=メキシコでした!それと、世界地図を眺めていたときにユカタン半島っていう名前を見つけたんだけど、妙に親近感がわいちゃったのね。ほら、私の名前“ユカ”でしょ?」

メキシコのアートスクールに留学したのをきっかけに、ユカさんはメキシコの魅力にどっぷりと浸かることに。
「留学先は、世界中からアーティストが集まるサンミゲル・デ・アジェンデという街。色鮮やかな街並みがとてもステキで、到着してすぐに好きになっちゃった!」

DSC_7419-1

「アーティストの友達もたくさん増えました!彼らがまたラテン系の明るい性格で、大雑把でフレンドリーでね。そんな彼らと触れ合ううちに、『ここが私の居場所なんだ!』って思い始めました」

「それと、メキシコではカソリックの崇拝対象のイエスや聖母マリア・グアダルーペの像や絵が、当たり前のように商品になっていたりするのよ。しかも、カラフルでデザインも斬新。宗教が文化に溶け込んで“聖”と“俗”が共存しているって、すごく魅力的だよね!」

DSC_7605-1

DSC_7632-1

そして、メキシコにハマり続けるユカさんは2003年にLA ROSA MEXICANAをオープンし、水戸の地からメキシコ文化を発信していく。

「メキシコものっていまだに、民芸品やエスニック雑貨として扱われるでしょ?それがもう悔しくて!だから私は、『これ好き!』って感じたアーティスティックなものしか店に置かないの。現地で磨いた自分の感性なら、間違いないもんね」

「今はなかなか長期では行けないけど、以前は1年の約半分をメキシコで生活していたのよ!友達になった現地のアーティストにオリジナル作品を依頼したり、キッチュなアート作品やおもしろいモノ作りをしている人を探したり…バイヤーというよりセレクターって感じかな。こうして、メキシコを通じていろんな人とつながれたことは私にとっての財産です!」

DSC_7559-1

お店にはユカさんのお眼鏡にかなった、こだわりの商品が満載だが、その中でも特に目を引くのはルチャリブレ、いわゆるスペイン語でのプロレスグッズだ。

「メキシコの大スター、ミル・マスカラスのマスクデザインに、水戸出身の方が採用されたことがあるの!これ、めっちゃすごいことなのよ!こうしてお店をやってると、思わぬところで人の輪がつながるから、運命的だよね!」

DSC_0724-1

メキシコには、家族や友人が集い故人への思いを馳せる日がある。Dia de los Muertos(ディア・デ・ロス・ムエルトス)、日本語では「死者の日」と呼ばれ、日本のお盆のように死者の魂が戻ってくるとされている。

「メキシコならではの、死に対する感覚っていうのかな。愛する人の死はもちろん悲しいことだけど、亡くなった人たちを懐かしみ、思い出話をすることで笑顔になる。メキシコの死者の日は、家の中や店内に祭壇を作り、オレンジ色のマリーゴールドの花をたくさん飾るの。そして、愛する故人の写真や故人の好物だったもの、砂糖で作ったガイコツや動物などのお供え物をして… 原色で飾られる美しい祭壇は、まさに太陽の国メキシコだからだよね」

そしてユカさんは、その祭壇作りを水戸で企画。「死者の日」の夜をみんなで賑やかに…そんな思いを込めた参加型のパーティーイベントは、大成功を収めた。

無題鮮やかに飾られた祭壇

メキシカンアートといえばユカさんの名前が真っ先に挙がるほど、どこよりも先駆けてメキシコ文化を発信してきた。雑誌やメディアに取り上げられることも多々。

「いろんな方から『東京にお店を出したら?』と言われるんだけど、私は競争したいと思ってお店をやってるわけじゃないの。モノの価値は、見てわかる人にはわかるからね。自分の感性やこだわりを大切にして、個性的なお店であり続けたいので、これからも水戸からメキシコ文化を発信し続けます!もし辛いことがあったら、メキシコにいっちゃうもん」

DSC_0096右ページのウッドクロスとガイコツの置物がLA ROSA MEXICANAの商品。
これまでに取り上げられたものの一部はこちらから見ることができる。

いたずらっぽく微笑むユカさんの心は、いつもメキシコ一色。
水戸の中のメキシコを味わいに行くのはもちろん、ユカさんとおしゃべりしに行くだけでも、きっと楽しいはずだ。

DSC_7652-1LA ROSA MEXICANA

緯度経度で指定
大きな地図で見る

住所:水戸市天王町2-26 メゾン水戸102

TEL:029-231-6123

キラキラシャミセニスト!? 21歳の実力派三味線・・・ 黒の黒を知る。

過去の記事

みとの魅力に出会えるナビアプリ 水戸のこと

好評配信中!