DSC_1411-4

矢沢な、タクシー。

タクシーの色といえば、黒や白を思い浮かべる人が大半だろう。だが、水戸には一風変わったタクシーが存在するのをご存知だろうか。

「今はタクシー業界はどこも厳しいから、何か変わったことをやらなきゃと思ってね」
一見、強面な印象を受けるその男性は、加藤明さん。
水戸市南町3丁目に約80年前から事業所を構える常磐タクシーのドライバーだ。

DSC_1474-2

「矢沢永吉の大ファンでね。矢沢のイメージカラーのタクシーを社長にリクエストしてみたら、自由にしていいって言われたんですよ」
加藤さんが案内してくれた先にあったのは、なんと真っ赤に染まったタクシー。

「キャロル(矢沢永吉が結成し、日本のロックシーンに大きな影響を与えたバンド)の頃から大好きなので、ファン歴はかれこれ40年以上です。営業中は常に矢沢のCDを車内で流しています。お気に入りは『時間よ止まれ』と『ウイスキー・コーク』。矢沢は曲が多いから、なかなか曲名を覚えられないんだけどね(笑)」
そう、加藤さんは知る人ぞ知る「矢沢タクシー」のドライバーなのである。

DSC_1426-2

まだドライバー歴3年なので、乗客の大半は常連さんとのこと。
「名刺をお渡しすると、私に直接電話がきます。矢沢ファンの方も結構いらっしゃいますね。『これ聞いてみて!』とCDを持って来られたり、『革ジャン貸してあげるからライブに行ってきなよ』って言われたり。実は、チケットがなかなか取れなくて、まだライブに行ったことがないんですよ」

無題

矢沢タクシーでは、乗客との面白い出会いもある。
「飲み会帰りのお客様をご自宅までお送りしたんだけど、好きな曲がちょうど流れはじめたので、辺りを2周ぐらい回ってくれと言われたことがありました。遅く帰って奥さんに怒られるんだから、せめて車の中では気分良くいたいってね(笑)」

「そういう面白い出会いもある一方で、昔に比べて飲みに行く人がずいぶん減ったと感じます。私も今以上に色々な方に出会いたいから、若い人にはもっと街で遊べと言いたいね」
水戸で生まれ育ち、長年にわたりこの街を見続けてきた加藤さんは語る。

DSC_1467-2

「え、矢沢の魅力?そう言われると困っちゃうね~。矢沢は神様みたいな存在だから、全てがいいのよ。変なオヤジって思われようが、これからも矢沢一筋ですね。矢沢以外の曲をかけると、お客様に怒られちゃうから(笑)」

矢沢談議に花咲かせるもよし、ロックな気分を味わいに行くのもよし。矢沢なタクシーは今日も、皆様のご用命をお待ちしております。

Re MITO43.矢沢な、タクシー。(ガイドブックデータ)

緯度経度で指定
大きな地図で見る

住所:水戸市南町3-5-11

TEL:029-221-7950、090-8491-1998(加藤さん直通)※加藤さんの勤務は18:00~翌朝まで

戦後焼け野原の水戸の町に声が聞こえてから約70年。 ここに帰って来たい、そんな空間をお届けします

過去の記事

みとの魅力に出会えるナビアプリ 水戸のこと

好評配信中!